The Parents Association of Japanese Weekend School of NJ


 ようこそ ニュージャージー補習授業校 

父母の会へ!


「子どもたちに質の高い日本語教育を与えたい」
そんな願いを持つ企業派遣の家庭の保護者たちが中心となって、1962年に本校の前身となる日本語教室が開設されました。初等部30名、中等部6名でのスタートでした。その後、多くの日系企業さまが子どもたちの日本語教育にご支援くださり、1975年にニューヨーク教育審議会が発足、州教育局から学校法人として認可されました。


また日本政府(文部科学省、外務省)からも校長先生と教頭先生を派遣していただくなど、多大なるご支援をいただき、現在では約450名の子どもたちが、毎週土曜日、緑豊かな環境のパラマスで日本語の勉強に励んでいます。
そして今日でも保護者は、本校設立の趣旨に則り、父母の会の活動を通して積極的に学校運営のサポートを担っています。


子どもたちに質の高い日本語教育を与える事は、私たちすべての保護者の変わらぬ願いです。

ニュージャージー補習授業校 父母の会